どっか行こ!home


車内泊を安全かつ快適にする支援サイト様です! 車中泊@快適な旅

車内泊ノススメ

車内泊

自由に、そして気ままが
自分が好む旅のスタイルです。

時間を気にせずに、
眠たくなったら車内で寝、
目覚まし時計に頼らずに
自然体で朝を迎える気分の良さ。

そして何よりお金が掛からない事が
最大のメリットだと思います。
不便さも数多くありますが
体験してしまうと、より快適な
車内泊を求めて行く事と思います。

春夏秋冬
季節を身近に感じ、気ままな旅にはピッタリの車内泊!
「道の駅」メモリアル

サーフで車内泊
純正でも薄いカーペットがひかれていましたが
その上にホームセンターで購入した銀マット、
更に上にこたつ用の下敷きをひいています。
これだけでも結構保温力は上がり、ゴツゴツ感が少なくなりました。
普段は写真のように、後席を立てていますが
車内泊をする時は後席を倒して、フラットな空間を作っています。
後席を立てた状態
サーフの後席は左右別に席を倒す事が出来、
写真は両方の席を倒した状態です。
これで身長172cmの自分でも、足を伸ばして寝る事が出来て
くつろげる快適な空間になります。
青い物体は現在使っている枕代わりの物で、ひもを解けば
簡易シートになるって言う(お前は枕だろ!)安物です。
後席を倒した状態
まだ車内泊の経験浅く、発展途上状態なのですが
現在は特注の敷き布団をひき、ホムセンで購入した掛け布団、
上にもう1枚毛布って感じで厳しき寒さをしのいでいます。
一度この装備でマイナス13度の夜を体験しましたが
寒さに堪えきれずにエンジンをかけてしまった事がありました。
冬場の車内泊は、チョットでもいいから窓を開けた方がいいと思います。
室内ガラスに付く露の付き方がまるで違ってきます。
フラットな空間に敷き布団を
車内に常駐させている物は、懐中電気、ティッシュ、バスタオル、
携帯ラジオ、長靴、洗面用具、携帯電話充電器などです。
車窓を開けての車内泊になる夏場には、
電池式香取線香は強い身方になる事と思います。
他にもまだ揃えたい品々が数々ありますが、
その時に合わせて、序所に揃えて行きたいと思っています 。
常時車内にある物
何日間も旅に出、デジカメで写真を撮っていると
決まって電池切れになり、「あーぁ・・・」と思う事が何度もありました。
単品で電池パックを購入しようと思いましたが、
より便利に使えると考えてコンバーター(300w)を購入しました。
この製品は、DC12vをAC100vに変換する機器で、
車の中で家電製品を使う事が出来ます。
これで電池切れの問題も解消!今は持っていませんけど、
ノートパソコンを買った時に役に立ってくれそうです。
CD300 インバーター

車を止める場所
  山奥(林道)や「道の駅」などが多いです。
  気をつけている事と言えば、山奥では崖の近くには止めない、なるべく平地に駐車する。
  「道の駅」では、トラックの止まりそうな所を避けて、なるべく端の方に駐車する、などです。

食事について
  殆どは山方面に出かける為に、行く途中で食料を購入しています。昔のように土日、深夜だと
  買い物が出来ない時代は終わっているので、
  コンビニや地元のスーパーで買い物をしています。特に地元のスーパーはお薦めです!
  コンビニより値段が安く、地元特産品などが置いてあるので。

トイレなどについて
  国道沿いや観光地などには殆ど公衆トイレが整備されていて、
  それを使わせて頂いています。
  あとは「道の駅」でしょうか。
  場所によっては深夜に電気を切ってしまう所もありますが、重宝しています。
  山奥では公衆トイレはめったに無いので、我慢出来ない時には自然に帰しています。


back